厚生労働省の見解も変わる、発達障害について

発達障害の障害特性

診断名がこれだから、この症状などは障害特性の個人差はおおきいです。

基本的には障害というよりは個性かと思っております。

最近では、国の考えも少しずつ変わってきております。

以前までは、治らないというニュアンスでしたが今回の更新では、「発達障害は改善される」と。

詳しくはこちらへ

以下抜粋

○障害の予後についての誤解

「発達障害は能力が欠如しているから、ずっと発達しない」

「発達障害は一つの個性なので、配慮しないままでもそのうち何とかなる」

・ 発達障害は「先天的なハンディキャップなので、ずっと発達しない」のではなく、発達のしかたに生まれつき凸凹がある障害です。人間は、時代背景、その国の文化、社会状況、家庭環境、教育など、多様な外的要因に影響を受けながら、一生かけて発達していく生物であり、発達障害の人も同様であると考えていいでしょう。つまり、成長とともに改善されていく課題もあり、必ずしも不変的なハンディキャップとは言い切れないのです。もちろん個人差はありますが、「障害だから治らない」という先入観は、成長の可能性を狭めてしまいます。周囲が彼らの凸凹のある発達のしかたを理解しサポートすることにより、「ハンディキャップになるのを防ぐ可能性がある」という視点をもつことは重要です。

運動と食事の面から、少しでも親御様の不安や悩みを解決できたらと思います。

食事改善は、未就学児など早いうちから行うのが良いです。

無料で専門家がご相談承ります。

食事や栄養についての考えはこちらへ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

見学・体験・食育に対して、ラインでのご相談も行っております。

まずは、ご連絡ください^ ^

028−688−0241